【7/1更新】カジノイベント 攻略

いべんと図鑑

VIPレベルがある程度進んだ課金者にとっては
一番簡単に達成出来るイベントの一つ。

過去は500〜700枚のイベントもあったのでそれなりに用意は必要だが
アシブールダンジョンをある程度進めていれば急にかき集めてもなんとかなるはず。

またVIPレベルがある程度あれば8枚で10連をやる事ができるので
必要枚数が80%になる。

    カジノイベントイベントとて論点は3つあります

    1. カジノの回し方
    2. 賞品の緑AF 星3と星5 の意味
    3. 賞品のオーブとスパチプ の意味

    順に説明していきます。

1. カジノの回し方

一気に回してイベントアイテムを全回収するもいいけど
数時間おきにリストを無料で変更できるので、
星4の破片を回収していく方が得します。
星4の破片には光闇も含まれるので、出たらラッキー。
わずかながら他の人よりも光闇育成が進みますので、
小さな工夫がいずれ実を結ぶはず。。。

すぐに更新する事のメリットは次のように考えていますが
読み飛ばしてオッケー。
星4を回収する為に時間が来たら更新ボタンをポチして、
カジノイベントの枚数をこなしていきましょう。

【参考】
ルーレットから賞品が減ると星5の当たる確率が
増えるのではないか、との思いから、
更新しないで進めている人も多いと思います。
これ別の記事でも触れていますが、
その可能性は低い(当たりやすくはならない可能性が高い)です。

・例えばリアルガチャであれば
●◯▲△◼️□ とあるうちで、□が当たりだとする。
二回引いて ●と◯が出たとすると、
▲△◼️□ が残るので 次は 1/4 で□ が出ます。
実物があればそうです。分母が6→4に減ります。

・データのみのガチャにおいては、
□の当たり確率は 1/6 とのみ定義して
二回引いて ●と◯が出たとしても、
□の当たり確率に変更がないというロジックが組めます。
分母が6→6つまり減らないという事です。

・アイヒロでも海外ユーザーが検証すべく運営に問い合わせ、
「ゲーム内の乱数変動は公開しない」という回答だった
そうです。あえて前者のロジックを組むのであれば
ユーザーに得なので公開するでしょう。それを敢えて
公開しないという事は後者のロジックであると考えます。
真実は分かりませんが、収益を追及する団体があえて
レアを出しやすくするロジックを組むとは思えないので
僕は後者のロジックで組んでいると推察します。

これを前提に運営が公開している確率表示のまま、
何が出ても同じ確率で進むとするならば、
星5の当選確率は変わらない。よって、
当たりやすい星4の破片を回収する為に更新ボタンを
出来るだけ押していくのが最善という結論になりそうです。

参考: アイヒロの当選確率を考える

2. 賞品の緑AF 星3と星5 の意味

これはどちらもエサAFという意味です。

・オレンジAFはレベルアップの必要経験値が5760です。
・赤AFは2880です。

・緑AF 星3 はエサとして3530になります。
・緑AF 星5 はエサとして6410にになります。

以上から出来ればオレンジ(オレンジ限定含む)のエサ
として、緑AFは保管しておきましょう。

星5は若干余りますがオレンジAFのレベル1アップ相当、
星3は少し足りないので星4にあげてもオッケーです。

・参考: 緑AF 星4 はエサとして4970になります。

なのでオレンジのエサ用として保管する場合は、
星4までに留めておきましょう。

赤AFに使うのは少しもったいないけど、
赤AFで当たりが出たら使うのもあり。

3. 賞品のオーブとスパチプ の意味

・オーブは次にくるオーブイベの為に使わずに取っておく

・スパチプはご褒美としてスパカジルーレットに
欲しい星5が来たら使う。スパチプはイベに関係なし。

●カジノイベントを除くとカジノ周りの重要なポイントは2つ

1、コモンカジノ

育てにくい光闇を早く育てるとアドバンテージが得られます。そこで、毎日の日課としてコモンカジノを定期的に更新し、
光闇の破片を回収するために頻繁にカジノを回したい。

カジノの当たりにエサの星5もあるし、カジノを回したあと、8000〜10000ポイントでエサとなる星5も手に入るのが2度おいしい。

Common casino

2、スーパーカジノ

スーパーカジノは欲しいヒーローが出たら即やってよし。
スーパーカジノ絡みのイベントはない。
 理論的には一回づつまわす方が得する。
 
同じヒーローは一回しかでないので、10連の前半で出たら後半が無駄になるため。ただ僕は面倒なので10連派ですw
 
 スーパーカジノ動画1

 スーパーカジノ動画2

コメント

タイトルとURLをコピーしました