5/6更新☆スキル装備☆ アイヒロ ヒーロー紹介: クトゥグア(Cthugha)

未分類

はーい、アイヒロ(idle heroes、アイドルヒーローズ)のヒーロー紹介です。

 

●最終更新日: 2019/5/7

 

▼E3までのスキル候補は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場持ちを優先した 1-1-1が有力。

 

▼装備案としてもひねらずにセットで良さそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※クトゥさんの使い手は完全な壁運用前提の

   2+2 を勧めてるので参考としてこちらも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●2019/1/3更新

PVEでもPVPでも活躍が期待できるけど

現時点ではやや中途半端なんじゃないのー

なクトゥグアさんのごしょーかい。

 

早速スキルから見ていきましょう。

 

●スキル1: アクティブ

複数攻撃+燃焼+出血ですね

 

●スキル2: パッシブ

攻撃とHPが増えて、燃焼&出血に免疫100%がつく

これは当時猛威を振るっていたバルキリーの

燃焼攻撃への対策カード(スキル)ですね。

 

●スキル3: パッシブ

攻撃を受けると敵3体を燃焼+出血させる

攻撃される事で機能するからスロット1向けですね

 

●スキル4: パッシブ

燃焼の敵に攻撃されるとエネルギーとHP増加

これも攻撃される事で機能するからスロット1向けか

 

 

ここまで見てわかるとおり、

出血と燃焼を持つ仲間たちとシナジーがあり、

出血と燃焼を無効にします。

 

 

そのためクトゥグアの使い方としては

主に二つあって、

 

①出血と燃焼を得意とする仲間達との混合色オーラ

で活躍を狙う

②燃焼スキルで猛威を振るっていたバルキリーの

対策カードとして使う

 

になるかと思います。

 

①はジーク、バルキリー、夏、血の刃 BB、女王、

焔の嵐などと相性が良いのですが

上位評価ではないものが多く含まれてますね。

つまり、わりと集めやすいメンバーです。

 

クトゥグア本体も出にくくはないので集めやすい。

つまり燃焼+出血チームの仲間たちは集めやすく、

そこそこ使える事が長所です。

「組み合わせ(シナジー)によってダメ狙うならスクライド複数積みでよくね?」

はその通りです。

ただスクライドはそれなりに出にくいことに加え、

同じ赤ヒーローを複数育成するのはエサの確保も

大変です。

燃焼+出血チームは混合色オーラを狙えば良いので

育成も難しくない。これは大きな違いですね。

 

 

②当時猛威を振るっていたバルキリーの対策カード

といいますか、バルキリーをかなり育成していても

低レベルのクトゥグアを倒せません。

バルキリーが活躍する環境下で

バルキリーに倒されにくいという点が長所でした。

上位プレーヤーも混合色の赤枠としてクトゥグアを

スロット1に入れる事で特に防御側になった際に

15ターン生き残り勝ちを狙える利点もありました。

ただやはり②の効果は相手にバルキリーがいてこそ

アンチバルキリーユニットとしての効果が発揮出来る

訳で、特定の状況下でのみ活躍が期待出来るような

チーム構成はトッププレーヤーは好みません。

 

こう言った理由から登場時点から現在まで、

パッとしないまま来ているクトゥグアさん(´•ω•̥`)

 

 

【クトゥグアが登場から不遇な理由を探る】

ここから先が本当に書きたかった話ですw

 

クトゥグア発売当時の環境は次の通りでした。

 

①このクトゥグア(Cthugha)という名前は

   クトゥルフ神話の生ける炎、

   ンガイの森を焼き尽くした神の名前そのものです。

   他のヒーローと比べてもかなり品格の高い名前。

②当時は緑のバルキリーがメタの中心にあって、

   光闇でない四色から壊れを出した事への運営批判も

   あり、ただ散々売った後での弱体化も難しい局面。

   さて、このクトゥグアは緑に強い赤所属です。

③新ヒーローを売るためには現環境に対する

   影響力が必要です。これは考えるまでもない事で。

 

これらの状況を踏まえて、

「赤」の「クトゥグア」が出ると発表された時点で

バルキリーの対策カードだろうと読むのは普通の

流れだと思います。環境面、売上面でも。

 

さて当時のトップメタであるバルキリー対策として

機能するとした場合、想定できるのは三択くらい。

 

①バルキリー以上のぶっ壊れ。

   他のヒーローにも強い (次のぶっ壊れで前の壊れを打ち消す)

②バルキリーに対して特に強いが場には長く残らず、

   バルキリー倒したらすぐ退場 (すぐに燃え尽きる花火型)

③バルキリーに対して特に強いが、他には普通。

   場には適度に残る (バルキリーだけに強いアンチ型)

 

くらいが事前の想定でした。

 

①は光闇以外の四色でぶっ壊れ出すと批判浴びるので×

②か③が有力で、

名前のインパクトから僕は②を本命とみてました。

 

ところが、、、、

 

④バルキリーに倒されないが、倒す事も出来ない。

耐久ユニットとして場に残り、過去からある

燃焼出血ヒーローの主としてバルキリーと共存も

できる

 

という想像のはるか斜め上を行きましたwwww

(☝ ՞ਊ ՞)☝うえーい

 

 

これでは流行る訳もなく

売上も上がらないのは当然の流れです。

 

当時への環境に対するアプローチが

「バルキリーに倒されないこと」という

受け身な効果では鯨さんも🐳 即イラネしたはず。

(鯨=廃課金)

お金払う以上は自分の意思で局面をリードしたい

ですからね。倒されないってあんま刺さらない。

 

②の役割で登場させて

バルキリー倒したら自分も燃え尽きる役割だったら

面白かったのにね。

 

 

でも、運営側は利益を追求する団体である以上、

上のような選択肢を踏まえて④を選んだはずです。

さてそれはなんだろう。すごく謎です。

 

アシブールが発売された後の今から推測すると、

 

・年末のアシブールで大きく売りたかった。

   (売上の波を後ろにずらした?

   アシブは闇だしぶっ壊れでも批判されなさそうだし

 

・バルキリーの活躍機会を奪いたくなかった。

   廃課金にはアシブール、

   それ以外のプレイヤーにはバルキリーを用意して

   二極化を図った。アシブール登場のタイミングで

   バルキリーを賞品にしているし。

 

くらいでしょうか。

 

 

名前をつける所までは開発陣の意気込みを感じたの

ですが、バランサーの意向なのか、

途中で方針変更したのか不明ですが、

名前ほどの役割を与えて貰えなかったクトゥグアは

全くゲームの外で非常に謎が多いヒーローです。

 

ただゲーム内の役割としてはシンプルです。

 

バルキリー時代終了後は、

微課金無課金プレイヤー向けに

集めやすい出血燃焼チームのキーとなるヒーロー

としてクトゥグアは活用されるのかなーと思います。

焔ちゃんと一緒に。

コメント

  1. […] 5/6更新☆スキル装備☆ アイヒロ ヒーロー紹介: クトゥグア(Cthugha)はーい、… […]

タイトルとURLをコピーしました