完 (アイヒロ/アイデルヒーローズ/IDLEHEROES) ヒーロー紹介: ウォルター Walter

05. ヒーロー解説(勝手な評価

最近見る機会が減ってしまったウォルターをご紹介

 

別に紹介している血の刃( BB )と共に、

約二年前に暗殺流行時代を支えた老兵。

 BB と比べると耐久型なのでPVE向けとして

使われて来ました。

 

では見ていきましょう。

 

●スキル1: アクティブスキル

後列狙いです。

ゲームのチュートリアルでも前列は壁、

もろいヒーローは後ろに置くのが安全

というのが当初のゲームシステムでした。

(今では後列狙いは当たり前なので安全でもない)

 

そこで後列狙いスキルはかなりの脅威でした。

キャンディAFもスタン耐性持ちもない環境では

そのまま50%の確率で敵後列をスタンでき、

更にダメージ軽減率65%はHP回復手段が

限られていた以前の環境ではかなり有効でした。

もちろん、回復手段が増えた今でも

ダメージ減少65%upは有効です。

 

BB と比べるならスキル1が生きている分、

こちらの方が良さそうに見えます。

 

●スキル2: パッシブスキル

内容はダメージを与える役割としてまあまあ。

スキル1の方向性を推し進めるなら、

ダメージ減少とかついても良いかもしれない。

 

 

 

●スキル3: パッシブスキル

100%スタンは今でも活きそうです。

 

●スキル4 : パッシブスキル

この後に出る自爆系の元となったコンセプト。

倒れる前に敵を道連れにしようというやつ

ですね。今はアルタンやミームがいるので

ここの売りは薄れてしまいました。

 

当時は安全であるはずの後列狙いというのが

嫌でした。つまり有効でした。

今はこのスキルの上位互換というべき、

敵全体に当てるスキルが広まっており、

インパクトが弱いです。

 

現環境では、

単体超ダメージか、複数大ダメージが

ダメージを与える役割として求められる所、

基本は一体、アクティブスキルで後列二体

はやや中途半端かなーと。

耐久型の暗殺者というコンセプト自体は

まだ今でも生きる道はあるはず。

 

 

耐久型暗殺者のコンセプトを活かしながら

リワークするとしたら、

アクティブスキルのスタンを

50%→100%にする?

それだと信仰の刃(FB)とキャラ被り。。

スキル4の対象を後列→全体にする?

それだとアルタンとキャラ被り。。

 

だとすると、

全体のステをあげるだけくらいしか、

思いつかないです。

 

現環境だと多分、 血の刃( B B)よりは

活躍の場が多くて使いやすそうですが、

早めに別のヒーローを育てた方が良いと

思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました